« WiMAX 2+ デビューのつもりが リアル IPv6 デビューに なっちゃった件 | トップページ | プライバシーポリシー »

2014年12月16日 (火)

WiMAX 2+ の IPv6 挙動不審

昨夜、Raspberry Pi の公式ウェブサイトにアクセスしたらレスポンスが非常に悪く、イギリスは遠いので途中で何か起きてるかな、なんて思ってました。

さきほど、複数のウェブサイトで、レスポンスが非常に悪く、でもいちどトップページが表示されるとしばらくの間は問題なく、でも時間が経つとまたレスポンスが悪くなるという現象に遭遇し、どうもローカルな問題なんじゃないか、WiMAX の調子が悪いんじゃないか、と疑ったわけです。

いくつか試した中で、ふと思いついて www.kame.net にアクセスしたら、とても悪いレスポンスの後で表示された亀は停止していて、左下を見ても IPv4 だって言われちゃいました。そう、IPv6 デビューなんて言っていたら、いつの間にか v6 の接続性が失われていたのです。ブラウザは、まずv6でアクセスし、それがタイムアウトしたら v4 に切り替えるという動作だったようで、レスポンスが悪いのは v6 のタイムアウト分、しばらくの間問題ないのは unreachability caching だったようです。

おいおい、フレッツじゃないんだから、みたいな気分です。(最近は、フレッツ対策の入った日本独自仕様ルーターが増えているようなので、問題が起きにくくなっているみたいではありますが。)

とりあえずルーター(NAD11)を再起動したら、復旧しました。IPv6もアクセスできています。

とは言え、また接続できなくなってしまうかもしれないというのは不安です。今度同様の現象が起きたら、もう少し詳しく調べてみようと思っています。

# なーんか、アレですかね、いわゆる保証外の使い方、なんでしょうか、IPv6 を有効にするっていうのは。こういう問題があることがわかっているので、UQ は v6 使えるとは一言も言ってない、なんてオチだったら悲しいな…。

« WiMAX 2+ デビューのつもりが リアル IPv6 デビューに なっちゃった件 | トップページ | プライバシーポリシー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/58287159

この記事へのトラックバック一覧です: WiMAX 2+ の IPv6 挙動不審:

« WiMAX 2+ デビューのつもりが リアル IPv6 デビューに なっちゃった件 | トップページ | プライバシーポリシー »