« USB 3.0 のUSBメモリ | トップページ | LINQ to XMLには「空のテキストノード」が存在する »

2014年4月25日 (金)

Visual Studio ExpressでNSISを使う

ProjectのPropertiesのBuildEventsのPost-Build event command lineに、こう書く。

<pre>if "$(Configuration)"=="Release" "C:\Program Files (x86)\NSIS\makensis.exe" install.nsi</pre>

Run the post-build eventはOn successful buildのままで。

これで、Visual StudioでReleaseビルドすると、自動的にNSISインストーラーが出来るようになります。

目からウロコというか、コロンブスの卵というか、実は単に頭が悪いだけかもしれませんけど、数年間、ずっとあきらめて、ビルドした後、手でコマンド打つということを繰り返しておりました。ははは。

なお、install.nsiは、プロジェクトフォルダに普通のソースファイルと一緒に置いておくわけですが、Copy to Output Directory を Copy if newerにしておきます。

« USB 3.0 のUSBメモリ | トップページ | LINQ to XMLには「空のテキストノード」が存在する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/55935501

この記事へのトラックバック一覧です: Visual Studio ExpressでNSISを使う:

« USB 3.0 のUSBメモリ | トップページ | LINQ to XMLには「空のテキストノード」が存在する »