« SAT Solverでナンプレを解くのにかかる時間 | トップページ | Visual Studio ExpressでNSISを使う »

2014年4月 9日 (水)

USB 3.0 のUSBメモリ

SEITECという、少なくとも私は聞いたことのないメーカー(ブランド)の、C102という、なんだかやる気が感じられない名前・型番のUSBメモリをあきばおーで購入。128GBで6534円(消費税8%込み)ということで、安かったので。

この容量で最安値ではなかったが、最安値の品が「50MB/s」と主張しているのに対してこちらは「UP TO 210MB/s」と書いてあり、差が数百円だったのでこっちにしてみた。

だったら、ベンチマークしなきゃだめでしょ、ということで。

そしたら、こんな感じだった。(画像クリックで拡大。)

Usb3

うむ。これはしっかり速いんじゃないかな。シーケンシャルアクセスに限れば、秋葉原に出回りだした最初のころのSSDよりはずっと速い。512KB単位のランダムアクセスで、リードとライトの差が大きすぎるような気もするが、これはバッファ(キャッシュ)が小さいとか、そういうことなのかなぁ。

« SAT Solverでナンプレを解くのにかかる時間 | トップページ | Visual Studio ExpressでNSISを使う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/55713849

この記事へのトラックバック一覧です: USB 3.0 のUSBメモリ:

« SAT Solverでナンプレを解くのにかかる時間 | トップページ | Visual Studio ExpressでNSISを使う »