« Raspberry Pi 入手 | トップページ | 最近はハードディスクも速いんだねぇ »

2013年1月 1日 (火)

OpenGLで「地球」を表示するプログラムEarth View

OpenGLで「地球」の画像を表示するプログラムを作りました。

Earthviewscreen
マウスドラッグで回転したり、マウスホイールで拡大縮小したりできますが、まぁ、それだけ。それほど面白いプログラムではありません。

ただ、注目していただきたいのは、地球の輪郭が滑らかな円になっている点です。OpenGLでこういう画像を作るときは、普通は60面体とか120面体とかにテクスチャを貼り付けたモデルを使うと思いますが、それだと内側はともかく輪郭が折れ線になってしまいます。

このプログラムは、そうじゃなくて、OpenGLのフラグメントシェーダー(Direct3Dのピクセルシェーダーと同じようなもの)を使って正確な球を描画しているんです。そういうプログラムの見本ということで。

C# + OpenTK で書いた .NET 3.5アプリケーションなので、実行ファイルはWindows用の.exeファイルのように見えますが、そのままLinuxのmonoでも動きます。(Ubuntu 12.04 LTSで動作確認してあります。)ソースとバイナリをまとめて、例によってSkyDriveに「earthview.zip」という名前で置いてありますので、お試しください。(ファイル名の「.zip」の部分は表示されないかもしれません。)

« Raspberry Pi 入手 | トップページ | 最近はハードディスクも速いんだねぇ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/48563722

この記事へのトラックバック一覧です: OpenGLで「地球」を表示するプログラムEarth View:

« Raspberry Pi 入手 | トップページ | 最近はハードディスクも速いんだねぇ »