« 青空mobiの外字 | トップページ | VWR-23768 »

2011年1月 2日 (日)

ビューア 2.4 をビルド

このバグが深刻みたいなので、調査のため、久しぶりにSLビューアをビルド。Arareさんに頼まれちゃったので断りにくくて。coldsweats01

開発環境が残っていなかったので、空いているマシンをみつくろってOSのインストールから開始。Windows XPのライセンスが余っていたのだが、VC++ Express 2005 の入手には難があるし、2008/2010は相変わらず波乱含みらしいので避けた。Linux を使うことにし、Ubuntu 10.04 32bitをインストール。(私は、普段はFedora/RH/CentOSなのですが、SLはDebian系の方が無難なので。)

その後、以下の手順でとりあえず普通にビルドだけはできた様子。

sudo apt-get install mercurial cmake bison flex python g++ make
sudo apt-get install libc6-dev libstdc++6 libx11-dev libxrender-dev libgl1-mesa-dev
sudo apt-get install libglu1-mesa-dev zlib1g-dev libssl-dev libogg-dev libpng12-dev libdbus-glib-1-dev libgtk2.0-dev
hg clone http://bitbucket.org/lindenlab/viewer-release
cd viewer-release
tar -xvzf ~/sl-fmod-linux.tar.gz
cd indra
./develop.py configure
./develop.py build

(多少何かapt-getを忘れているかもしれないけど。まぁ、だいたいこんなものだと思います。)

なお、本当のことを言うと、初めて ./develop.py build を実行したときには失敗しました。最後の最後の、SLのバイナリをリンクする部分で、libSM.so が参照する uuid なんちゃらがみつからない、などと言われて。調べたところ、libuuid.so.1 のバージョン問題らしかったので、ubuntu側のファイル(/lib/libuuid.so.1)を、SLのソースツリーの中にコピーして、リンデンが配布する版(たしか4箇所あった)を上書きしてしまいました。

でもって、再度 ./develop.py build したらできあがり。

今から、バグの調査を始めます…。

« 青空mobiの外字 | トップページ | VWR-23768 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/38308323

この記事へのトラックバック一覧です: ビューア 2.4 をビルド:

« 青空mobiの外字 | トップページ | VWR-23768 »