« ビューア 1.23 リリース | トップページ | Fedora 11 »

2009年7月11日 (土)

MacOSのdistccのことが少し分かってきた

今までに何回か(これとかこれとか)MacOSのdistccに文句を言って来ましたが、この謎が少しわかって来ました。

MacOSのdistcc/distccdというのは、BonjourというかDNS-SDを使って動くらしいのです。Linuxのdistccdにも --zeroconf というオプションがあって、DNS-SDでサービスをアドバタイズできることになっているのですが、なんと、サービス名が違うのだそうですよ。Linuxのdistccは _distcc._tcp というサービス種別になるのにMacOSのdistcc は _xcodedistcc._tcpなんだそうです。(なんだよ、それ…。)

と、いうことは、Linux側で_xcodedistcc._tcpとサービスをアドバタイズしてやればMacOSのXcodeのコンパイルをLinuxで受けられるということでしょうかねぇ。

« ビューア 1.23 リリース | トップページ | Fedora 11 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/30504981

この記事へのトラックバック一覧です: MacOSのdistccのことが少し分かってきた:

« ビューア 1.23 リリース | トップページ | Fedora 11 »