« Fedoraでstandaloneビルド | トップページ | Mac mini が遅くてしかたない気がしてきた »

2009年3月28日 (土)

SSHのX ForwardingでしかもWindowsでSecond Lifeが動くなんて考えもしなかったよ

ってまぁタイトルの通りなのですが。

Windows XPで、あらかじめCygwin/XをX -multiwindowとして起動しておく。その後X Forwardingを有効 (DefaultForward=X) にしたTeraterm (TTSSH2) を使ってLinuxにログイン。その状態でGUIアプリケーションを起動すると、SSHのX Forwardingが働いて、WindowsのデスクトップにLinuxアプリのウィンドウが開く。

これは、まぁ、みなさん普通にやってますよね。私だって以前からやっている。

で、さきほど、ふと思いついてSLビューアを起動してみたのです。どういうエラーになるのかなー、なんて。

そしたら、起動できちゃいましたよ。驚いたことに。

Ssh
(クリックで拡大)

ウィンドウのタイトル部分はWindowsだけど、About...をよく見るとLinuxって書いてあるでしょ? (まぁ、こんなのいくらでも偽造できますが。) OpenGLは、と見ると、Mesaだって書いてある。肝心の主画面が乱れちゃってますけど。あと、マウスクリックは効くのですが、キー入力ができない様子。そして、画像だけ見ても分かりませんが非常に遅いです。

とは、言え、これは起動できただけでも偉いということで。(もちろん実用性は皆無です。)

« Fedoraでstandaloneビルド | トップページ | Mac mini が遅くてしかたない気がしてきた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/28840056

この記事へのトラックバック一覧です: SSHのX ForwardingでしかもWindowsでSecond Lifeが動くなんて考えもしなかったよ:

« Fedoraでstandaloneビルド | トップページ | Mac mini が遅くてしかたない気がしてきた »