« sshがCPUネックになっている件 | トップページ | SSHのX ForwardingでしかもWindowsでSecond Lifeが動くなんて考えもしなかったよ »

2009年3月21日 (土)

Fedoraでstandaloneビルド

LinuxのSL viewerでは「standaloneビルド」というコンパイル方法があるが、Fedoraではパッケージが足りないので簡単ではない。それで私は、一度、standaloneでなくconfigして、Fedoraで入手しにくいライブラリを/usr/local配下にコピーしちゃってます。これだととても簡単。

# そんなんでstandaloneと言えるのかって問題はあるが。

このとき、必要なライブラリをコピーした後で、linden/libraries 配下のファイルを消すのがポイント。そうしないと、システムのライブラリ(特にヘッダファイル)より優先されちゃうので。

お試しください。

« sshがCPUネックになっている件 | トップページ | SSHのX ForwardingでしかもWindowsでSecond Lifeが動くなんて考えもしなかったよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/28734311

この記事へのトラックバック一覧です: Fedoraでstandaloneビルド:

« sshがCPUネックになっている件 | トップページ | SSHのX ForwardingでしかもWindowsでSecond Lifeが動くなんて考えもしなかったよ »