« MacOSのPangoはイマイチなのかも | トップページ | 9ヶ月ぶりにLinux版ビューアでその場入力 »

2008年12月13日 (土)

Pango対応ビューアの12月13日版をアップロードしました

という、タイトルの通りですが。

今回は1.22 RC3ベースになっています。1.22は最初からかなり安定しているので、RCとは言え安心して使えるような気がします。微妙に軽くなってもいるようです。

pango版としての機能は、今回の主要な変更はアラビア文字関連なので、日本語圏の皆様にはあまり面白くないかもしれません。ただ、マウスによるテキストの範囲選択が微妙に狂う件とか、ノートカードに埋め込んだオブジェクト (ランドマークなど) がクリックできなくなる件などの、11月23日版にあったバグ修正も含まれています。

あ、そうだ、そういえば、日本語Windowsを念頭において、フォントオプションのデフォルトを調整した、という件がありました。11月23日版よりは、日本語のテキストが読みやすくなっているのではないかと思います。

また、今回から、MacOSでのコンパイルもできるようになりました。

例によってソースに対するパッチはJIRAのVWR-10131の添付ファイルとしてアップロードしてあります。

すぐに使える (実はそれなりに手間のかかる…) Windows用のバイナリも、例によってSkyDriveにアップロードしました。

    http://cid-88858bc052aea782.skydrive.live.com/self.aspx/SecondLife/snapshot-20081213-win32.zip

からダウンロードしてください。(このURLは直接リンクではなくて、ダウンロードの案内のページです。URLがまぎらわしいので注意してください。)

« MacOSのPangoはイマイチなのかも | トップページ | 9ヶ月ぶりにLinux版ビューアでその場入力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/26156423

この記事へのトラックバック一覧です: Pango対応ビューアの12月13日版をアップロードしました:

« MacOSのPangoはイマイチなのかも | トップページ | 9ヶ月ぶりにLinux版ビューアでその場入力 »