« Universal Binary | トップページ | MacintoshでSLビューアを起動するとログイン画面になる前にクラッシュ »

2008年12月 6日 (土)

pango対応ビューアの状況

20081123版以降の状況です。

やったこと:

  • ベースのビューアを1.22シリーズに変更。(現在は1.22.2ベース。)
  • ノートカードに埋め込んだオブジェクト (ランドマークなど) がクリックできなくなってしまうことがあるバグを修正。
  • コミュニケーションのフレンドパネルにゴミが表示されるバグを修正。
  • pango+FreeType から pango+cairo に切り替えると落ちることがあるバグを修正。
  • 「グリフキャッシュを使わない」オプションを追加。
  • 「Auto Hintのデフォルトを調整」オプションを追加。Windows用。
  • 表示する行の「前」を考慮してテキストの方向を決める。
  • テキストの方向を調整するオプション。

やりつつあること:

  • Macでビルド中。Intel専用のバイナリは作れるようになった。Universalバイナリがうまく作れない。
  • Macでは、現状のpanogft2では問題があることがわかったので、pangocairo + cairo-atsui を前提に考え中。
  • ノートカードなどで、テキストの範囲選択で反転の範囲と選択範囲がずれることがある件を調査中。
  • LLTextEditorとLLLineEditorの改造について思案中。

来週には、次の配布に持って行きたいと思ってます。

« Universal Binary | トップページ | MacintoshでSLビューアを起動するとログイン画面になる前にクラッシュ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/25958769

この記事へのトラックバック一覧です: pango対応ビューアの状況:

« Universal Binary | トップページ | MacintoshでSLビューアを起動するとログイン画面になる前にクラッシュ »