« pango対応ビューアの状況 | トップページ | MacOSのPangoはイマイチなのかも »

2008年12月 6日 (土)

MacintoshでSLビューアを起動するとログイン画面になる前にクラッシュ

ひょっとしたらMacユーザーには常識だったりするのかもしれませんが、私は知らなくて、これで2日間つぶしたので、書いておきます。

MacintoshでSecond Lifeを起動して、ウィンドウが表示されて真っ黒になり、さてログイン画面が、と思うとクラッシュしちゃう。前はちゃんと動いたのに。そういうときはSecondLifeの設定ファイルをまるごと削除するとうまく動くようになるかもしれません。

設定ファイルは、ホーム配下のライブラリの中の、Application Supportというフォルダの中にあるSecondLifeというフォルダにまとまっています。このフォルダを丸ごとゴミ箱に入れてしまいましょう。(このフォルダの中には、過去のチャットやIMの記録なども入っていますから、必要な場合は、ゴミ箱ではなくて別の場所に移しておくほうがいいかもしれません。)

« pango対応ビューアの状況 | トップページ | MacOSのPangoはイマイチなのかも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/25968420

この記事へのトラックバック一覧です: MacintoshでSLビューアを起動するとログイン画面になる前にクラッシュ:

« pango対応ビューアの状況 | トップページ | MacOSのPangoはイマイチなのかも »