« pango | トップページ | LSLで直接日本語 »

2007年12月15日 (土)

またpango

水曜日のSSは、あまり受けがよくなかったので、もう一つ。
Script
(クリックで拡大)

ここで注目していただきたいのは、スクリプトエディタのllSetTextのところ。日本語が使えているでしょ?

技術的なことを言うと、実はこれはpangoの威力という訳ではないのです。pangoに取り替えた結果として、fontconfigが働くようになったのが原因。でも、まぁ、大抵の人は内部の構造とかは興味なくて、やりたいことが出来ればいいわけですし。

日本語のブログの読者の皆さんには、「アラビア語がー」とか言うより、こっちの方がアピールするかな、と思って。

« pango | トップページ | LSLで直接日本語 »

コメント

 ああ、これいいですね(ちゃっかり)
質問が2つあります。

・pangoを組み込むには自分でコンパイルする等が必用なのでしょうか

・pangoを組み込んだ後、スクリプトエディタ内で使える日本語の連続した文字数はいくつになりますか

希望
もしバイナリを配布していただけるならWindLightだとありがたいです。
(ソースが公開されてるのか、あるいは共用できるものなのか等判らないので、おかしなこと書いてたらごめんなさい)

あ、アラビア語はあまり使いませんからね(笑。
「保存」して再読み込みしたあともちゃんと化けずに残るんでしょうか?

すごーい・・・

アラビア語とか言われてもピンとこなかったけど、これすごい

アラビアンな方面で何かあったのかなーとか思ってたんですが、こういうことだったとは…。

うぉう、コメント文があの四角い豆腐じゃなくなるとすごい便利^^
llSetTextにそのまま日本語を渡せるという事は、LSLコンパイラ?にも手が入ったのかな・・・

いや、その、

この記事は受け狙いというかネタ振りというか、反響を期待して書いたのは事実ですが、しかし、ここまで食いつきがいいとは思いませんでした。

元々のpangoについて言うと、前の記事にも書いた通り、実用的に使えるまでには、まだまだ時間がかかります。現状は、やっと一通り表示ができるようになったレベルで、特に入力がダメダメです。たとえば、スクリプトエディタで日本語が入力できるようになっているのは事実ですが、カレット (テキストカーソル) の位置がズレてしまい、編集は非常に困難です。(このSSは、それがバレないように、カレットが消えたところで撮りました。)

とはいえ、スクリプトエディタの日本語入力のニーズが非常に高いことを認識しましたので、pangoとは関係なく、それだけ作ってみようと思います。そっちは、あまり敷居が高くないので、2週間程度でお試し版が出せるのではないかと思っています。

なお、Syousa KarasさんからWindLightのご希望をいただいていますが、それは勘弁してください。WindLight版のソースも配られていますし、テキスト処理関連の部分は共通で、Syousaさんは何もおかしなことは言っていませんが、実態としてWindLightのソース配布は問題が多く、簡単にはビルド (コンパイル) できないんです。熱心な人たちが挑戦しているようですが、かなり厳しい模様。もしも、Syousaさんが挑戦するなら、お手伝いはしますので、ご連絡ください。

 なるほど、おとなしくお待ちします(^^;

 勝手なことを書かせていただくと、日本語テキストファイルの中身を変換無しで扱えるようになるとすご~く助かります(><
よろしければ一考お願いします。

Syousaさん、コメントありがとうございます。

ところで、

> 日本語テキストファイルの中身を変換無しで扱える

というのは、意味がよくわからないのですが、具体的に何がやりたいということでしょうか。

 こんばんは(^^

 具体的に言うと、本を作りたいのです。
フォントを変えられないとか表示媒体とか問題は他にもあるのですが、1行の文字数制限(255/9 ?)もきついんです(><

 説明が不足してました。

・Noteから読み出す1行の最大文字数が255Byte
・URLエンコードすると1文字が9Byteになる
・結果、日本語だと27文字/行になる

ということです。
これが127文字になるなら嬉しいなと。

説明不足失礼しました。

んー、LSLでノートカードから読むのは、今でも、URLエンコードしなくても大丈夫なはずですが。また、ノートカードの編集のときには、日本語も問題なく表示できると思います。

ただし、普通の漢字やかなは、SL では、1文字3バイト (2バイトではなく) になるので、127文字にはなりませんね。85文字程度です。これを拡大して欲しいということだと、サーバ側を一緒になおさないといけませんので、リンデンさんにお願いするしかありません。

JIRA に書くといいんじゃないでしょうか。http://wiki.secondlife.com/wiki/Issue_tracker/ja が参考になります。

 先ほど確認しました。
確かにNote内の日本語(85文字/行)で取得・出力(sayで確認)できました。
ちょっと考えてみます。

ありがとうございます。

日本語表示だけの改造を作ってみたのですが、予想外に少ない変更でできちゃったような気がします。たぶん今晩にも配布できると思います。

お楽しみに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/9413302

この記事へのトラックバック一覧です: またpango:

« pango | トップページ | LSLで直接日本語 »