« Linux + GtkGLExt + Alissa パッチ (on-the-spot) + ATOK X3 + SL 1.18.5 | トップページ | アクセス数の推移 »

2007年12月 1日 (土)

その場入力1.18.5(3)対応版

Windows用
IME-20071201-Win32.zip
Macintosh用
IME-20071201-Mac.zip

そろそろ飽きてきましたが、リンデン公式に入るのにはもう少し時間がかかりそうです…。

20071124との違いは、1.18.5(3)用になった点だけです。機能等は変更ありません。

なお、Windows用は、「http 404応答」の扱いに問題がありますが、これは新しいllmozlibのvc80版が入手できなかったためです、って、多くの人には意味わからないかもしれませんが、たいした問題ではないので、あまり気にしないでください…。

あと、一緒に Linux 用も紹介させてください。

Linux用
gtk-20071201-Linux.tar.bz2

Linux用は、Windows/Macintoshに比べると、まだまだ仕上がりが悪いです。機能制限も多いし、微妙に不安定です。そのつもりでお試しください。

« Linux + GtkGLExt + Alissa パッチ (on-the-spot) + ATOK X3 + SL 1.18.5 | トップページ | アクセス数の推移 »

コメント

文字崩れがしないということで使わせてもらっています。
早速ダウンロードして6時間くらい使ってみましたが、
前バージョン同様 問題ありません。ありがとうございます。
OS: Windows Vista
IME: 標準
VGA: GeForce 7600GS

早速使わせていただきました。
今までと同じく、全く問題ありません。
公式に早く入るといいですね・・・
本当にありがたく使わせていただいてます。

最新クライアント登場とほとんどタイムラグなくアップして下さり、感謝しております。

【気になる現象】
・時々、TP到着後にチャット(IMも)の文字入力欄に文字が表示されない。
→どうやら、入力している文字が見えないだけで実際は入力されている様子。
 RETURNキーを押すと入力欄では見えていなかった文字が、ちゃんと会話欄に表示されます。
(つまり、どう変換されているか見えずに勘で変換する羽目に)

 OS: MacOS 10.5.1 REOPARD
IME: ATOK2007 20.0.1 REOPARD対応アップデート済み
 SL: Ver.1.18.5.3


リログすると全く問題なく入力欄に文字が表示されます。

1.18.6(0)では、入力が勝手に日本語半角カナになる現象は解消し、その場入力もOKでした。

リリース後さっそく使わせていただいてます。
ありがとうございます(_ _)

Viewer 1.18.5.3
Mac OS X 10.4.10(Intel)
ことえり
以上の環境です。
(1.18.4.3版でご報告したときと変わっていません)

おおむね問題なく動作していますが、

・以前のバージョンよりも日本語入力がなんとなーく重くなったかな?という感じ

・ことえりの変換学習機能(数文字タイプすると、「最近使った言葉:タブで変換」というウインドウと変換候補が出るというもの)が無効になることがあります。
 1.18.4.3版のときは本来の機能通り「タブで変換」できていたのですが、現在はこの状態でタブキーを押すと「タブで変換」と変換されます(^_^;)(IMでしか確認できていません)

・変換候補が出ている間にviewerがブラックアウトする現象、再度出るようになりました。
 変換ウインドウ以外、メニューバーを残してviewerウインドウがすべて真っ黒になります。
 おそらくトラフィックの多い場所で起きやすいのだろうと思います。
 (具体的にはPuerto BanusでIMしているときに顕著でした)

・また、通常のアルファベット入力でも、私の環境では、タイプ中には「R」だけが表示されず(見た目はブランクになります)、続けて文字列をタイプしていくと見えてくるようになることがあります。
 日本語キーボードであることと関係しているのかな、とも思います(iMac G4 Flat Panel付属のものです)。

詳細な報告ありがとうございます。

「ことえりの変換学習機能」については、そもそも、そういう機能があることを認識していませんでした…。少し調べてみます。

ウィンドウのブラックアウトについては、なんとなく心当たりがないこともないのですが、当方では再現せず調査が進んでいません。確認ですが、これはフルスクリーンで使っているときにだけ発生するんですよね?

その他の、「なんとなく重い」と「タイプ中に文字が出ず、表示が遅れる」件については、実際問題、公式ビューアに比べてキー入力に対する処理が大幅に増えているのは事実としてあります。だから「重い」と言われると、重くなっているかもしれません。またキー入力とビューアとの間にはキューがあり、ビューアの処理が重くなると、キーを実際に押してからそれがビューアに伝わるまでに時間がかかるのも、MacOSの仕組み上、可能性はあります。ただ、セカンドライフのビューア全体の負荷に比べればその場入力していることによる負荷の増加は微々たるものなので、体感上差が出るほどではないはずなのです。

ということで、あまり解決に近づいていません。申し訳ありません。

ご返答ありがとうございます。

取り急ぎ、ブラックアウトの件だけ。
フルスクリーンではありません。
私はSLビューアをフルスクリーンにしたことはないので、通常のウインドウ表示時とフルスクリーン時の「その場入力」の動作の違いについては把握していません…申し訳ありません(_ _)
その後も発生しましたが、やはりトラフィックの多い状況でのみ起きるようです。

あと、ことえりの変換学習機能ですが、私もことえりにいつのまにかそんなものがついていたことにびっくりしたくらいで(笑)
ことえりの変換にははなから期待していなかったもので、実のところ、この機能で不具合が出ても私の場合まったく問題ではありません(^_^;)

はじめまして☆こんにちは☆
突然の質問失礼します;

私は、mac os x 10.3.9を使っているものです☆
アカウントのみ持っているのですが今日見つけた
secondlife旧バージョンを探して見つけました(このバージョンしか対応PCでないので)
そのサイト→http://torrents.slportal.net/files/

ですがログインしようとするとアップデートしてください画面が出てしまいログインすることができませんToT

もし、なにか良い方法を知ってましたら教えてほしいです^o^

お返事いつでもよいのでお待ちしてます☆

yahhoyさんこんにちは。

MacOS 10.3.9がサポートされていたのは、確かにSecond Life Viewerの1.19.1.4までですね。これは、見かけ上「ビューアというプログラムのMacOSサポート」という言い方になっているのですが、実際は、Second Lifeというサービスとして10.3.9のサポートをやめたのです。なので、どういうやり方をしたとしても、OSのバージョンアップをしない限り、サポート外ということになります。

で、サポート外でもいいから、なんとか、ということでしたら、可能性は:

(1) 1.20以降はMacOS 10.3.9 でのサポートがなくなったことになっていますが、起動すれば動くかもしれません。(私は試したことありませんが、特に 10.3.9 を排除するようなこともしていないため。) 現在のグリッドは、1.20.16以降ならば拒否されなかったはずです。

(2) Second Lifeのサーバー側で実施している、ビューアのバージョンチェックを抑制する方法があります。サーバーとビューアが通信するプロトコルもだんだん変わっているので、ちゃんと通信できるかどうかはよくわかりませんが、とりあえず「強制アップデート」は要求されなくなるはずです。やり方は http://wiki.secondlife.com/wiki/Get_source_and_compile#Channels_and_Versions に説明がありますが、結論から言うと、Second Lifeのアイコンを右クリック (またはコントロールクリック) して Show Package Contents を選び、その中の Contents/Resourcesというフォルダを開きます。そこに arguments.txt という中身はカラッポのファイルがありますので、テキストエディタで --channel Test と書いて保存します(先頭はハイフン2個)。これで、バージョンチェックは抑止されます。

どちらも、あまりアテになりませんし、仮に動いても何か問題があるかもしれませんが。

(メールをお送りしたらエラーになっちゃったので、こちらで。)

とても解りやすいご説明、返信ありがとうございます^o^

上記で試した結果 <arguments.txt という中身はカラッポのファイル> に --channel Test をスクリプトで保存しようとすると、
”arguments.txt”は読み込み専用です”という表示がでてしまい保存できませんでしたToT
ほかにContentsの中にtxtがないか探してみたのですがみあたりません;o;

また、secondlife1.20.16 をダウンロードしてみましたがやはり対応機種ではないようでsecondlife自体開けませんでした...

あ”〜セカンドライフやりたいっす!!!w

とても親切なご返信ありがとうございました♪

P.S メールアドレス張りmissしてました;asease

今回の投稿のアドレスはバッチリです☆

もしなにかいい情報をお持ちでしたらご連絡お願い致します^o^←シツコイ

Alissa Sabreさんsecondlifeで是非お会いしたいです☆

えぇと、「”arguments.txt”は読み込み専用です」ですか? Get File Info とかやって、書き込めるようにしてから再度試す、というのはどうでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/9204439

この記事へのトラックバック一覧です: その場入力1.18.5(3)対応版:

» ATOK X3の宣伝 [Alissa Sabre at Second Life]
某氏の勧めにより宣伝します。(^_^) ATOK X3とは、Linux用の「日本 [続きを読む]

« Linux + GtkGLExt + Alissa パッチ (on-the-spot) + ATOK X3 + SL 1.18.5 | トップページ | アクセス数の推移 »