« Linux用 on-the-spot 1.18.4対応版 | トップページ | 1.18.5(RC0)の日本語 »

2007年11月12日 (月)

1.18.4の日本語問題について

ここ数日で急にブログのアクセスが増えて戸惑っています。

(まぁ、原因はわかってますが。^_^)

コメントをくださる方も多いですし、ご自身のブログで私の仕事に言及いただいた方もいらっしゃいます。おそらく、私が把握していない記事もあるでしょう。気づいたものを拝見すると、なんだか、妙に私に対して遠慮がちな印象を受けます。ブログですから、別に、私がどう考えていようと気にせず、ご自身の意見を書けばいいようにも思いますが、まぁ、せっかくなので、私の立場・意見を書いておきます。

「その場入力」のAlissa版を配布している件について

私のブログの過去記事を見ていただくとわかりますが、この改造はしばらく前からやっていたものです。1.18.4以前にも、何回か配布しています。「1.18.4がひどいから配布した」わけではありません。

日本語その場入力の改造は、基本的には私の趣味でやっています。「それがぼくには楽しかったから」です。もともとSLは、日本語入力がイマイチでしたから、このままじゃ日本で普及しないだろうなぁ、という、一種の使命感みたいなものがなかったわけではありませんが、「しかたなく」作っていたわけではありません。こういうプログラム作るのが好きだから作っていたのです。

改造版を配布して、皆さんからコメントをいただけるのがうれしい、というのも、もちろんあります。

1.18.4 で導入された日本語関連のトラブルについて

困ったもんだ、と思っています。また、正式版になる前に修正されるように努力したつもりだったのですが、力が足りず、無力感に襲われたりもしました。

実は、私が作っているその場入力の改造は、しばらく前からJIRAにアップロードしています。が、それとは独立に、リンデン内部で、SLの日本語入力を改善する動きがあったらしく、私が作っている改造とバッティングするというのが発覚したのが9月の始めくらい。コードは見せてくれませんでしたが、話を聞くとずいぶん中途半端なことをやろうとしていたようなので、私が売り込みをかけて、開発中だったリンデン独自の改造はやめちゃってAlissa版を採用しましょうよー、ということにしたのです。

今回、1.18.4 に含まれて、トラブルの原因となったプログラムは、どうも、そのときの作りかけのコードが残ってしまったものらしいのです。

そういうこともあって、特に1.18.4.0が出て最初に気づいたときには、部分的には私にも責任があると思ってずいぶんアセりました。他人事ではなくて、なんとかしなくちゃ、という想いでした。だから、かなりがんばって JIRA にも出したし、休みをとって triage に参加して、重大な問題だから至急直してほしいと訴えました。それで、理解が得られたと思っていたのですが…。

JIRAと投票について

in-world で私に会ったことのある方は気づいていると思いますが、私のグループタイトルは、普通“Issue Tracker Aware”になっています。これは、JIRAの存在をアピールし、もっと多くの人にJIRAを使ってもらうように働きかけるグループです。今回の事件が起きる前から、私は、日本のSLユーザが、もっとJIRAを使うようになってくれればいいと思っていました。

ですから、今回のことで、JIRAの存在が知られるようになり、投票 (vote) を通じて意思表示ができることに気づく日本の居住者が増えるのは、それはそれでいいことかな、と思ってはいます。JIRAの問題の一つは、画面からなにから全部英語で、しかも、その英語が難解なことだと思っているのですが、今回、JIRAの使い方を図入りで解りやすく説明してくださる方が現れたりもしました。素晴らしいです。

あと、私が JIRA の普及などといいつつ、いままでに何回かあった「日本の居住者に影響が大きいバグ」 (たとえばこれとかこれとか) についても、必ずしも「投票の呼びかけ」みたいなことをしていなかったのは、私はRLでも、いわゆる署名活動みたいなものが好きでないのです。「内容はわかんなくてもいいから、とりあえず名前書いてよ」みたいな風になるのがいやだったからです。

そう言う意味では、今回の件に関して投票を呼びかけている方も「内容がわかった上で」投票することを呼びかけてくださっていて、それは私としても非常にうれしいです。数の暴力みたいになるのはイヤですが、きちんと自分で判断する人たちが大勢現れることは大歓迎ですから。

今後について

実は、今後については、二つ心配事があります。

一つ目は、1.18.4.3という、問題のあるバージョンが、いつまで「最新の正式版」であるのか、ということです。私は、とりあえず、日本語入力関係だけを1.18.3と同じものに戻して、1.18.4.4 などとしてリリースしなおすことを提案していますが、リンデンさんたちには、あまり受けがよくないようです。

二つ目は、1.18.5が、次のバージョンとして出るわけですが、これは日本語入力ちゃんとするんだろうなぁ、本当に、ということです。実は、JIRA の VWR-250 に Simon Linden さんがつけてくれたコメントによると、いよいよ「その場入力」が取り込まれる模様なのですが、今回の件もあり、結構不安になっています。

1.18.4 が出たばかりですが、1.18.5 の RC がすぐに出ると言われているので、出たらさっそく試しますが、さてどうなりますか。またまた「投票活動」になってしまわなければいいのですが…。

« Linux用 on-the-spot 1.18.4対応版 | トップページ | 1.18.5(RC0)の日本語 »

コメント

すごい長文が!(^^;

リンデンな方々も意地悪しようとかメンドクサイからとかではなくて(メンドクサイはあるか?)やはり「よくわからん」から後回し気味な感じですよね。今回は問題の大きさを分かってもらうためには数のアピールも必要なのかなぁ…ということであのような形になりましたが、できれば日本語英語にかかわらず何かよい意思の疎通・意見を交わせられるしくみを考えられれば……と思いつつ思い悩むばかりです…。

こんにちは。セカンドライフレポートのチジーです。このたびは、お世話になっております=ぺこり 

途中の詳しい経緯が見えていなかったので、書いたことがウソにならないようにと配慮して書いたつもりですが、こちらでAlissaさん自身の言葉で書かれていて、そうだったのかと思いました。

>「内容はわかんなくてもいいから、とりあえず名前書いてよ」みたいな風になるのがいやだったからです。

これ私も同じです。そんなで、JIRAやtriageのことを大きく取り上げるのはどうなのかなとあえて書いていなかったこともあり・・・。

>数の暴力みたいになるのはイヤですが、きちんと自分
>で判断する人たちが大勢現れることは大歓迎ですか。
そうですね。こういった問題がうまく解決する”何か”方法はと思いますが、nockさん同様、私も頭の中がぐるぐるするだけです。う~mm。

こんにちは、ご挨拶が後回しになりましたが、拙著(拙ブログ?)からもリンクなどさせていただきました。
私は、JIRAの仕組みや、バグについては、ほとんど知らずに過ごしていたので、大変参考になりました。
多くの人の知るところとなると、不要な騒ぎや、衝突への心配もあるかも知れませんが、中には今回のことがきっかけで、より理解が深まった者もいることをお伝えしておきたいと思いコメントさせていただきました。
今後のご活躍にも期待しております。

これからも、がんばれ!!気付いたしまった人の使命なのだ。

誤字でした。正しくは、「気付いてしまった人の使命なのだ。」失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/8891838

この記事へのトラックバック一覧です: 1.18.4の日本語問題について:

« Linux用 on-the-spot 1.18.4対応版 | トップページ | 1.18.5(RC0)の日本語 »