« へこんでます | トップページ | 1.18.4正式版 »

2007年11月 3日 (土)

1.18.4のビルド方法

1.18.4.0 RC ~ 1.18.4.2 RCは、DNS参照の仕組みと、OpenJPEGの構成とが変更になったのに、ライブラリアーカイブがうまく更新されていないため、普通にビルドしようとすると失敗する。ビルドするためには、この、不足するライブラリを適切に補う必要がある。

具体的には以下の手順でビルドできる。(予め、ソース・アートワーク・ライブラリという三つのアーカイブをダウンロードして、同じディレクトリに展開してあることを前提とする。)

最初に、「全プラットフォーム共通」の手順を実施して、その後、ビルドしているプラットフォームの固有の手順を実施する。

全プラットフォーム共通

  1. SLのディレクトリにlinden/libraries/inlcude/ares というディレクトリ (caresとかc-aresとかではない) を作る。
  2. c-ares 1.4.0 をダウンロードして、展開する。(SL Wiki には 1.3.2 と書いてあるが、1.4.0 でないとコンパイルがエラーになってしまう。)
  3. 以下のみっつのファイルを取り出して、上で作ったディレクトリにコピーする。
    • ares.h
    • ares_dns.h
    • ares_version.h

MacOS固有

  1. 後は普通にビルド。(1.18.4のための、MacOS固有の手順は、特になし。)

Linux固有

  1. 上でダウンロードしたc-aresのディレクトリで、configure && make
  2. .libs/libcares.aというファイルができるので、これをSLのディレクトリの以下のところにコピー
    • linden/libraries/i686-linux/lib_release_client/libcares.a
  3. 後は普通にビルド

Windows固有 (Visual Studio 2005 / Visual C++ Express 2005 の場合)

  1. Visual Studio の File > Open > Project/Solution... で、上でダウンロードしたc-aresのディレクトリの下のvcというディレクトリの下のareslibというディレクトリにあるareslib.dswを開く。
  2. プロジェクトが古いとかなんとか言うので、言われた通りにする。
  3. プロジェクトareslibの下のSource Filesを右クリックし、Add.. > Existing Item... を選び、ファイルオープンダイアログが開くのでc-aresを展開したディレクトリにあるares_getnameinfo.cというファイルを選択してOKする。
  4. Solution ConfigurationからDebugを選ぶ。
  5. ビルド。
  6. Solution ConfigurationからReleaseを選ぶ。
  7. プロジェクトareslibを右クリックし、Propertiesを選び、areslib Property Pagesが開いたら、左側でConfiguration Properties の C/C++ の Code Generationを選び、右側の一覧のRuntime LibraryをMulti-threaded (/MT)に変更する。
  8. ビルド。
  9. c-aresのディレクトリの下の、vc\areslib\Debug\areslib.libを、SLのlinden\libraries\i686-win32\lib_debug\areslib.libにコピー。
  10. c-aresのディレクトリの下の、vc\areslib\Release\areslib.libを、SLのlinden\libraries\i686-win32\lib_release\areslib.libにコピー。
  11. Subversion (svn) を使って、OpenJPEGのウェブサイトにあるソースレポジトリにアクセスし、truncのリビジョン468を取り出す。
    • svn export -r468 http://www.openjpeg.org/svn/trunk
  12. Visual Studio の File > Open > Project/Solution... で、上で取り出したDllOpenJPEG.slnを選択してOKする。
  13. Solution Configuration から Releaseを選ぶ。
  14. ビルド。
  15. ReleaseというディクトリにできるOpenJPEG.dllとOpenJPEG.libという二つのファイルを、SLのlinden\libraries\i686-win32\lib_debug\ にコピー。
  16. 同じ二つのファイルを、SLのlinden\libraries\i686-win32\lib_release\ にもコピー。
  17. やっと、これで、あとはwikiに書いてある手順で普通にビルド。ただし、solutionファイルがダウンロードできないようなので、手作業で変換する必要がある…。

※ なお、Windows固有手順については、Tarari Watanabe さんから教えていただきました。ありがとうございました。

« へこんでます | トップページ | 1.18.4正式版 »

コメント

OpenJPEGの差し替えもいるのか。。。
φ(..)メモメモ

18.4ビルドにこけてjiraばかり見てました。
おかげさまでコンパイルとおりました。

thx alissa:-)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/8742928

この記事へのトラックバック一覧です: 1.18.4のビルド方法:

« へこんでます | トップページ | 1.18.4正式版 »