« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の記事

2007年10月31日 (水)

LinuxでSLやってる勇気のある人募集

Linux版のViewerは、やっぱりSDL+XIMじゃだめだな、ということでGTKに挑戦していたのですが、今週末には、ヒトサマにお目にかけることができる見込みです。まだまだ実用には遠いプロトタイプですが。

GTK immodule 使ったon-the-spot入力で、(一種の) 自動on/offもできる見込みです。

そこで、少し早いのですが、挑戦してくれる勇者を募集します。in-worldで、Alissa SabreまでIM入れてください。自力でソースにパッチあててビルドして、多少のトラブルは解決して報告して下さる人を募集します。

私の環境が、Fedora 7 + SCIM + Anthy なので、それと違う環境の人を特に歓迎します。

2007年10月30日 (火)

1.18.4.1の日本語入力

1.18.4.1RCというものが出ているようですが、この日本語入力は1.18.4.0から何も変わってないみたいですね。

次では、元に戻してくれるのでしょうか。不安です。

2007年10月29日 (月)

GTK版

SDLを捨ててGTK + GtkGLExtで書き直した版が動きだした模様。

1.18.4.0コンパイルできません

Windowsでうまくコンパイルできません。LinuxとMacintoshは、なんとかなってるんですけど。

困った。

2007年10月23日 (火)

また1.18.4(0) RC のこと

リンデンさんに「1.18.4の日本語入力は問題多いよ」ってメールを送ったのですが、返事が来ました。やはり、このコードはSimon Lindenが9月初めに作っていたコードのようです。次のバージョンでは、これはやめちゃって、Alissa版ベースに変更する予定も間違いないようです。

まずは、一安心。

そうすると、1.18.4対応のAlissa版を欲しがる人がいそうですね。作るかな…。

2007年10月21日 (日)

1.18.4 RCも試して欲しい

ここ数日の私の記事は「1.18.4 RC を使わない」という内容になっていますが、これは、1.18.4 RC を否定しているわけではありません。Windows/MacOS/Linuxによらず、時間に余裕のある方は、ぜひ 1.18.4 RCを試してみてください。それで、何か問題があったら、どんどんフィードバックしましょう。

RC版を公開する目的は、正式版になる前に多くの利用者の声を集めて、事前に問題を回避することです。問題とは、バグに限りません。リンデンが善かれと思って作った新仕様が、実は有難迷惑だったりするかもしれません。バグであれば、正式版になってから報告しても直ると思いますが、仕様変更に対する文句は、一度正式版になってしまうと変わりにくくなってしまいます。RC版が「最後のチャンス」と思った方がいいでしょう。

ですから、実際に動かす時間は短くてもいいので、ぜひ、ダウンロードして試してみてください。RC (Rerelase Candidate) 版は公式サイトのテストソフトウェアのページからダウンロードできます。

試してみて何か問題に気づいたが、内容をうまく英語で説明できない、という場合には、私に相談してください。できる限り、お手伝いします。

2007年10月20日 (土)

1.18.4(0) RC ウィンドウズ版での日本語入力

1.18.4(0)RCに関して、もう一つ。

このバージョンには、日本語入力を改良する変更が入っています。この変更は、残念ながら、私が作っていたパッチとは無関係なものです。「私が作ったのと違うからだめだ」という気はありませんが、すごーくバグバグしてますし、このアプローチはMacOSに応用することができませんので、袋小路だと思っています。

本件に関して、詳しくはJIRAのVWR-2826をごらんください。

1.18.3(5) RC が使えなくなっています

日本時間で10月20日未明くらいから、1.18.3(5) RC版ビューアが使えなくなっています。

これは、リンデン社が1.18.4(0) RCのダウンロードを開始したから、なのですが、よく考えると、1.18.4(0)が登場したからといって1.18.3(5)を使えなくする理由はなく、何かの間違いではないかと考えています。(ま、よくわかりませんが。)

1.18.3(5)の正式版は、問題なく使えます。

ところで、このブログを読んでくださっている方の中には利用者が多いと思われる「Alissa版その場入力」の最新版は、1.18.3(5) RC対応なんですね。そう、これも接続できなくなっているのです。

実は、このAlissa版1.18.3(5)RC対応版は、1.18.3(5)の正式版との組み合わせでも起動できます。そして、その場合は、サーバ側のチェックをすりぬけて、起動できてしまいます。もしも、どうしてもAlissa版を動かしたいという方は、1.18.3(5)の正式版とAlissa 20070923版の組み合わせをおためしください。

Windowsの場合ファイル名を変更したり、若干面倒なのですが、やりかたをTvd Kiddさんが詳しく書いてくださっています ので、それを参照してください。(Tvdさん、感謝!)

2007年10月18日 (木)

フィードバックありがとうございます

急にフィードバックを書いてくれる人が増えて嬉しいです。実は、たまたま昨夜、in-worldでヘコむことがあったのですが、コメント見ると励みになります。

これからもよろしくお願いします。

その場入力の状況

JIRAのコメント欄によると、リンデン社内の開発ブランチへの取り込みが終わった模様。ただし、(近日配布開始予定の) 1.18.4のRCには間に合わなかったようで、その次のリリースになってしまうと書いてある。

ちょっと残念。

あと、今回は、大分リンデンさんの手が入っているみたいなんですよ。私のパッチそのままじゃなくて、どんな感じになったのか、心配な面も少し。今までに何回か相談していたのですが、それで結局どういうコードになったのか、っていうのは、見せてもらってないんですよねー。

2007年10月12日 (金)

Linux用に購入

GIGABYTE GA-M68SM-S2
AMD Athlon X2 BE-2350
DDR2-800 1GB × 2
を購入。合計3万円弱。

これに、以前使っていた
MAXTOR 4R080L0
をつけて、いいかげんなケースに入れて、開発に使ってます。

M68SM-S2のチップセットは NVIDIA の 7025/630a というもの。オンボードビディオで安く済まそうと思っていたので、AMD 690 と迷いましたが、結局 NVIDIA を選択。

ディストリビューションは Fedora 7 (i686) 入れました。

SLも、快適、とは言えませんが、特に問題なく普通に動いてます。

2007年10月 9日 (火)

Linux版でon-the-spot入力

ちょっと作ってみました。Linux版のSL Viewer でその場入力 (Linux な人には、on-the-spotの方が通じるかな)です。

例によってSDLにパッチをあてて、SL Viewer 側も変更が必要です。(ビューアの変更は、大部分、Mac/Windowsと共通ですが、一部Linuxに固有の変更もあります。)詳しくは、アーカイブに入っているREADMEをお読みください。

1.18.3.5 用です。

ots-20071008.tar.bz2

2007年10月 8日 (月)

SCIMだめじゃん

SCIMは、XNQueryICValuesListではXNPreeditStateが返るのに、getすると常にXIMPreeditUnKnown、setすると無視、という仕様であることがわかりました。

だったら、XNPreeditState返すなよ…。

2007年10月 6日 (土)

SDLの上からウィンドウシステムにアクセス

SDLは、アプリケーションとSDLとの間にイベントキューを持っている。

SDL_pumpeventは、ウィンドウシステムのイベントを次々と取り出しては、自身の担当範囲を処理し、アプリケーションに渡すイベントをキューに入れていく。アグレッシブに。この結果、アプリケーションがあるイベントを受け取った時点では、その“後”のイベントがいくつか、すでにSDLによって処理されてしまっていることになる。

アプリが、特定のイベントを契機に何か低レイヤのウィンドウシステムの動作を変更しても、そのときには既に、いくつかのイベントが処理されていて、状態に矛盾が生じる。

どうも、そういうことのようだ。

困った…。

Linuxでキー入力がおかしくなる件

キー入力ができなくなった時点で動作を調べたところ、XFilterEventsが、すべての KeyPress/KeyReleaseに対してTrueを返しているようでした。preedit state は disable なのに。表面的にはこれと同じに見えますが、原因まで同じかどうかはなんとも。

で、普通は、これが起きると「キー入力が一切できない」状態になるのですが、たまたま KeyPress イベントが来て、対応する KeyRelease イベントが来る前に発生すると、SDL的にキーが押されっぱなしの状態になって、それでキーリピートのシミュレーションに突入してしまうようです。(集中してテストしていたら、何回かやられました。)

なかなか厳しい。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »