« 文脈依存変換 | トップページ | Linux版で日本語入力できるようになりました »

2007年8月 4日 (土)

TSM Document Access

MacOSで、再変換とか文脈依存変換とかに対応するためには、Text Services Manager Reference の Carbon Events for TSM Document Access のところを読めばいいらしい。

いあ、もちろん読むだけじゃだめですが…。

« 文脈依存変換 | トップページ | Linux版で日本語入力できるようになりました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/7413617

この記事へのトラックバック一覧です: TSM Document Access:

« 文脈依存変換 | トップページ | Linux版で日本語入力できるようになりました »