« 1.18.2.0対応「日本語その場入力」アップロードしました。 | トップページ | 心機一転 »

2007年8月20日 (月)

再変換と文脈変換のこと

最近、何度かこのブログに書いてますが、せっかく対応したので再変換とか文脈変換とかについてもう一度解説します。SL でその場入力を試すときに、一緒にやってみてください。

再変換

もう確定しちゃっている部分とか、そもそも自分が入力したわけじゃない文章 (Notecard など) とかを、未確定状態に戻して、漢字を選び直すことができます。未確定に戻したい部分を選択しておいてもいいし、特に選択しなければ文字カーソル (カレット) 近所が適当に選ばれます。具体的な操作は、カナ漢字変換によって違いますが、代表は次の通り。(どれも、キー操作をカスタマイズしていない場合です。)

Windows + MS-IME (普通の日本語入力) の場合
「変換」キーだけ。(普段「スペース」で変換している人も、再変換は「変換」と書かれたキーを押してください。)
Windows + ATOK の場合
「シフト」+「変換」。
Windows + Japanist の場合
「変換」。
MacOS + ことえりの場合
「かな」を二回。マウスのダブルクリックのような感じで、ハタハタっと押す。
MacOS + ATOK の場合
「コントロール」+「シフト」+「Y」。

ことえりだと、英単語を再変換するとカタカナになったり、英字でローマ字書きの部分で再変換するとそれを読みとして普通の変換に突入したりするみたいですが、その他のかな漢字変換では、英字に対する再変換は無効みたいです。

文脈変換

入力しているときに、前後の文章を手がかりにして、より適切な漢字を選ぶ機能。「適切」と言っても、場面によっては相変わらず変な漢字が出ることもあります。要は辞書次第。再変換と違って、はっきりと「文脈変換された」ことがわかる場面は少ないと思います。特別な操作はなく、普通に変換していると、有効ならば有効になります。

以前、
 花が
 時間を
 紙を
 苦肉の
という例を紹介しました (それぞれ、行末にカーソルを置いて「さく」と入れて変換する) が、かな漢字変換によっては、入力している場所の後も参照します。これは、新規に入力しているときではなくて、途中に挿入するときに有効です。例えば、
 一髪
 迫る
 として
 怪々
 希林
などをNotecardで用意しておいて、それぞれの「前」に、「きき」と入れて変換すると、面白いかもしれません。(結果は、かな漢字変換ソフトや、辞書の状態によって異なります。

« 1.18.2.0対応「日本語その場入力」アップロードしました。 | トップページ | 心機一転 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/7613560

この記事へのトラックバック一覧です: 再変換と文脈変換のこと:

« 1.18.2.0対応「日本語その場入力」アップロードしました。 | トップページ | 心機一転 »