« TSM Document Access | トップページ | TSMのドキュメントわかりにくいよ »

2007年8月 5日 (日)

Linux版で日本語入力できるようになりました

以前から書いているLinux版のSecond Life Viewerで日本語入力できるようにする件ですが、先日リリースされた1.18.1(2)に、予定通りSDL 1.2.12の実行時ライブラリ (libSDL-1.2.so.0) がバンドルされるようになりました。

つまり、ファイルの入れ換えとかパッチあててコンパイルとかは不要で、そのままで、日本語入力ができるようになりました。

ただ、何人かの方から個人的に問い合わせを受けていますが、環境によって、うまく日本語入力できない場合があるようです。すべてのケースに関して調査できていませんが、環境変数の設定によって解決する場合が多いようです。

うまく日本語入力できない場合には、以下の点について確認してみてください。

  • 現状のSL Viewerの日本語入力は、XIM専用です。より現代的な仕組みには対応していません。環境変数GTK_IM_MODULEの値は、 GTK_IM_MODULE='xim' と設定してください。
  • 環境変数XMODIFIERS@imパラメタに、使用するXIMサーバの名前を設定してください。具体的な名前は、使用するInput Methodのドキュメントで確認してください。また、この設定は、大文字・小文字を区別するので注意してください。たとえば、SCIMならば"SCIM" (注: 大文字) ですし、uimならば"uim" (注: 小文字) です。私はSCIM-Anthyを使っているので、 XMODIFIERS='@im=SCIM' と設定しています。
  • 一部のIMは、環境変数LANGの値も見るようです。IMの仕様と、ディストリビューションとの組み合わせによって、有効なロケールは違うと思いますが、上の二つをチェックして、まだだめならば、 LANG=ja_JP.UTF8 を試してみてください。

※ なお「電源ケーブルはコンセントに差し込まれていますか?」レベルですが、XIMサーバが起動していることも確認してください。

« TSM Document Access | トップページ | TSMのドキュメントわかりにくいよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/285638/7420715

この記事へのトラックバック一覧です: Linux版で日本語入力できるようになりました:

« TSM Document Access | トップページ | TSMのドキュメントわかりにくいよ »