« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の記事

2007年6月29日 (金)

SDL 1.2 svn

以前紹介したLinuxで日本語入力するためのSDLのパッチ が、SDLの1.2ブランチにマージされた模様。revision #3115に入っています。チェックインは6月28日付けです。(タイムゾーン不明ですが…) まだスナップショット版には入っていないようです。

メンテナが一部手を加えている (変数名とか) のでソース上は私のパッチと完全には一致しませんが、本質的には同じ内容です。問題が起きなければ、このまま SDL 1.2.12 になる予定です。

興味のある方は、ぜひ、お試しください。SDL 1.2.12 のリリースが近いらしいので、もしもバグがあれば早めにご一報ください。(SDL開発チームに直接英語で、または、私に日本語か英語で連絡いただいても。)

2007年6月28日 (木)

IME自動on/offが.17.1(0)に入った模様

そういえば、先月末に作ったIME自動on/off 機能が、今週初めにリリースされた1.17.1(0)に取り込まれた模様です。

これは、外観が変わるわけでもないし、地味なのですが、日本語チャットを多用するみなさんには、なにげに喜んでいただけるのではないかと思ってます。まだ 1.17.0(12)を使っている日本語ユーザのみなさん、ぜひお試しください。

2007年6月27日 (水)

in-world でお気軽にお声をおかけください

Alissa Sabre というのは、私が Second Life で使っている名前です。in-world でお気軽に声をおかけください。(chat でも IM でも。)

日本時間で平日の夜の11時から1時くらいにかけて、ログインしている可能性が高いです。(毎日入るわけではありませんが。) 休日も、もちろんログインしますが、時間帯は一定しないので、つかまえにくいかもしれません。

あと、アバターの容姿は女性ですが中の人は男ですので、変な期待はご遠慮ください。

2007年6月21日 (木)

fontconfig

いろいろ考えたのですが、やはりfontconfigを使うのがベストだと思うようになってきました。

いくつか課題があるのですが、少し考えてみます。

2007年6月20日 (水)

git

それなりに苦労してSubversionに乗り換えたわけですが、そういう私をあざ笑うかのように、メーリングリストでは git に乗り換えることの是非が議論されています。

うむー。

2007年6月18日 (月)

とはいえ、まだまだやり残し多数

大物

LLTextEditor
Mac対応
(Linuxは初めから無視)

Windowsの細部

ちゃんと初期化
ImmSetCompositionFont
ImmAssociateContext
WM_IME_SETCONTEXT
GCS_COMPCLAUSE

…まだまだですね。

スクリーンショット

とりあえずスクリーンショットをとりました。

合成じゃありませんよ。(^_^)

2007年6月17日 (日)

On-the-spot版

そろそろ、on-the-spot版が動きだした模様。 ^_^

まだ Windows だけですけど、ここまで来れば後は早いかな、と。(いや、それは、甘いかもしれませんが。)

まだ、いろいろ問題がある、といいつつ、これでも相当よいです。現状に比べて。

ご期待ください。

2007年6月11日 (月)

広告

ここに記事を書くと、広告が入ります。たぶん google adsense なんですけど。これは、私が入れているわけじゃなくて、ココログが自動で入れるんです。(収入も、私じゃなくて @nifty に入る模様。まぁ、こんなにアクセス数の少ないブログでは、クリック収入なんてもとからないのと同じですが。)

それはいいのですが、表示される広告が、いまいち内容に合っていないような気がするのは私だけでしょうか。今見ると、Apple が出している「Macintosh で Windows」という広告、あとは Linux のコンサルという広告。これは、まぁ、理解できます。Mac と WIndows と Linux のこと書いていますから。でも、後の広告は「転職」と「女性向けのバッグの通販」なんですよねー。

不思議。

2007年6月10日 (日)

*.vcprojファイル

VC++では、*.vcprojという名前の「プロジェクト定義」ファイルを使います。これはXMLなのだから、テキスト形式になっていますが、CVSでうまく扱えていませんでした。Subversionは、バイナリも (単なる格納と上書きではなくて) 差分として扱えると聞いたので、だったら本来テキストの*.vcprojが扱えないはずがないだろうと思ったのですが、やはりうまくいきませんでした。

そうこうしていたら、ちょうど今週、sldevリストで"Compiling under VS2005"という投稿があり、*.vcprojのことが話題になりました。で、これを機会に真剣に調べてみました。

そうしたら、今までうまく扱えなかった原因は、二つあったことがわかりました。

  • 改行コードの問題。VC++のエディタは、CRLF形式でもLF形式でも、どちらでも扱え、編集後にsaveしても元の形式が維持されるのですが、*.vcprojはCRLFでなければならないらしい。と、いうか、LF形式でも読めるのだが、勝手にCRLFに変換してしまうようです。
  • XMLのpretty printの問題。VC++ Express 2005をつかっているのですが、プロジェクトエディタが、VS2003形式(?)のpretty printがお気に召さないらしく、改行位置を変更してしまう。

そういうわけで、CVSにせよSubversionにせよ、差分抽出が機能していなかったのでした。

原因がわかれば、対策もかんがえられるよなー、ということで現在検討中。

しかし、どう考えても、

<Tool
Name="VCPreBuildEventTool"/>

<Tool
Name="VCPreBuildEventTool"
/>

に強制的に書き換える理由がわからない…。

2007年6月 9日 (土)

Bug triage

月曜日のBug Triage (日本時間では火曜日の朝) に参加しました。

思ったよりもチャットのペースが遅くて、あまり苦労せずに会話についていけました。途中何回か電子辞書のお世話になりましたけれども。

私、会社にいかなくちゃいけなかったので、途中で先に抜けた … つもりだったのですが、ログ をみると私が抜けた直後に解散になってますね。それなら、最後までいればよかった…。

2007年6月 4日 (月)

Subversion

1.16.0.5以降、新しいバージョンのソースが配布されないので、なんとなく大がかりなことを始める気がしません。そこで、懸案だったレポジトリの乗り換えに挑戦することにしました。

Subversionを使うのは初めてなのですが、大丈夫でしょうか。

2007年6月 1日 (金)

日本語EUC

日本語EUCなんて、まだ使ってる人がいるんですね。ってゆーか、以前からずっと使っているのでそのままということは、もちろんあるでしょう。

でも、全く新しく作るのにEUCですか?いったいなぜ?

最近、文句言いまくりのSDLも、文字コードはUnicodeですね。実は、これは偉いことなのかも。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »